失業保険(雇用保険)教本
最近の記事
2011年12月25日

自己都合退職を、会社都合退職に出来る方法

自己都合退職を、会社都合退職に出来る方法

社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法。
「自己都合退職を、会社都合退職に出来る方法があります」
こう言われたら、誰でも会社都合退職にして退職出来そうですよね。

会社都合退職のメリットとしては、退職後すぐに手当てがもらえる
(自己都合退職では3か月後から)、受給期間が伸びるなどがあります。
会社都合退職に出来れば有利なので、会社をヤメる方にとってこの情報は魅力的ですよね。

では、お金を払って教えてくれるこの方法とは何なのか…。

ビックリしないで下さいね。
なんと…。 下記の条件に当てはまった場合だけです。

賃金、労働時間、勤務地、職種などの採用条件と、実際の労働条件に違いがあった場合。
賃金が一定以上、例えば、残業手当をのぞいた給料が
それまでの85%未満に低下した場合
会社が倒産したため、退職(破産などの法的手続き開始のほか
金融取引停止の原因となる不渡り手形の発生を含む)した例。
勤務先の事業所が廃止、または縮小したために退職した例。
(事業所で1ヶ月以内に30人以上が退職または
1年以内に従業員の3分の1が退職した場合)
勤務先の事業所の移転により、通勤が困難(おおむね往復4時間以上)
になったため、退職した場合。
一方的に会社から、解雇されて退職した場合
(懲戒免職など自分に責任がある場合を除く)
希望対象制度(退職1年以内に始まったもので募集期間3ヶ月以内)に応じて退職。
契約社員として、雇用契約を1回以上更新、なおかつ3年以上勤めたのに
会社から新たに契約を更新しないと通告されたために退職。
労働条件が採用時と大きく違っていたために退職(ただし、1年以内)。
何の予告もなしに、給料(固定給)を15パーセント以上下げられたために退職。
月45時間以上の残業が退職前3ヶ月以上続いたために退職。
特定の職種を専門に行なうために、採用されたのに別の職種の仕事を命じられ、
給料も下がったために退職
同じ職種に10年以上ついてきたのに、突然何の訓練も行なわずに、
無理やり全く畑違いの職種に配点させられたために退職。
上司や同僚から、毎日のようにいじめや嫌がらせを受けたため退職。
家族の看護が必要な病人がいるのに、無理やり転勤を命じられたために退職。
セクハラをされて、会社の担当部署や行政機関に相談したにもかかわらず、
1ヶ月たっても何の改善もされなかったため退職。
労働者の生命、身体を保護する法令に事業所が違反していて、
その点について行政から改善するように指摘されたにもかかわらず、
1ヶ月以上経過しても改善されなかったため退職。


主な事例を上げてみましたがどうですか?
当てはまっていたでしょうか。
では、この条件に当てはまらなかったどうなるのでしょう?

そうです。
会社都合退職には出来ません…。

「自己都合退職のところを、会社都合退職に出来ますよ!」
と言っていても、この条件に当てはまらなかったら、
「じゃあ残念ですね。自己都合退職扱いになります」
と言われてしまうのです。

恐ろしい話ですよね。
お金を払ってたったこれだけですか?と…。
これが、1万円も2万円も払った結果に起こる現実なのです。
もし信用出来なければ、サービスを展開している業者や、
教材の販売者に、この条件に当てはまってなくても
会社都合退職に出来ますか? とでも聞いてみるといいでしょう。

営業マンは黙りこくり、HPでの販売者はメールの返信をしてきません。
そんなことは出来ないからです。他に、重箱の隅をつつくようなやり方で会社側の落ち度を探して
会社都合退職にさせる証拠とする方法もありますが、果たしてどうなのでしょうか?

延々と会社と対立し、細かな部分を指摘して無理やり会社都合退職にするというのは、
あなたが強靭な精神力を持っているなら良いですが、
今まで共に働いてきた方達に対してそこまで出来るでしょうか?

また、人と人はどこで繋がっているかわかりません。
会社に明らかな落ち度がないにも関わらず、無理やり会社都合退職にするような
方法を取れば、それまで勤めていた会社からのあなたへの評価、
感情は決して良いものにはならないでしょう。

長い人生、いつどこでどんな仕事で人と関わるかは絶対に予測が出来ません。
ただ一つ確かなのは、そのようなやり方をした場合、
あなたがいずれ困ったことがあっても、頼りたいときがあっても
その会社に関わっていた人たちは力を貸してくれないということです。

そもそも、会社都合退職でなくとも失業保険の受給期間を長くすることは
出来ますし、自己都合退職では3か月後にしか手当てを受け取れないという
制限がありますが、これも制限を解除して退職後すぐに受け取れるようにする方法がありますので、
そこまで意固地になって会社都合退職にこだわることもないかと思います。

ムリな会社都合退職は、あなたに損しかもたらさないことを覚えておくべきでしょう。
社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法。


今こそ国からお金を取り戻そう!失業保険の賢いもらい方から、知られざれる失業保険の裏ワザまで公開。

失業保険(雇用保険)教本
動画パソコン教室 ワード エクセル
現役面接官が教える、王道の就職活動
posted by 失業保険教本 at 05:57 | 大阪 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
失業保険の賢いもらい方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。